HIDDEN CHAMPION

esow_dm-縦_out

“絵僧暦 DAILY ESOW”

日本のストリートカルチャーにおいて、初期から第一線で活躍するペインター。

byRyosei Homma

HIDDEN CHAMPION Issue#51で表紙から特集した「ESOW」。去年末のアートショーでも表紙となった作品4点を展示してくれ、大盛況だったことは記憶に新しい。そんなESOWの1年を絵で綴った会心の作品集『絵僧暦・DAILY ESOW』がブエノブックスより発売されることを記念して展覧会が開催される。
ESOWの拠点は東京は浅草。スケーターで自転車好き。日本を代表するストリートアーティストであり、その作風は琳派や浮世絵にもインスパイアされている。銭湯に富士山。春は花見、夏は鎌倉の海。神輿を担ぐことも、仲間とお酒で盛り上がることも忘れない・・・。その譲らないスタイルとフィロソフィーで、作品がただ楽しいだけで終わらないものになっている。そのコアな感じがまたたまらない。
日本のストリートカルチャーにおいて第一線で活動を続けるESOWの作品を是非とも生で見ていただくべく、足を運んでいただきたい。

“絵僧暦 DAILY ESOW” by ESOW
会場:SLOPE GALLERY
住所:東京都渋谷区9 千駄ヶ谷2丁目9-1
会期:5月10日(金) – 6月28日(金)
時間:13:00 – 18:00
休館:土日、祝日

OPENING PARTY
会場:SLOPE GALLERY
日時:5月10日(金)
時間:18:00 – 21:00

image3
予約開始
絵僧暦 DAILY ESOW
3800円+TAX
ORDER NOW>>>

esow_dm-縦_out

image4

image5
ESOW
1972 年、東京生まれ。13 歳でスケートボードに乗り出し、17 歳で渡米。グラフィティに出会う。浅草を拠点に国内はもとよりアメリカ、ヨーロッパ、アジアなどでも作品を発表し長年注目を集め続けている。日本のスケートカルチャーにおけるパイオニア集団「T19」の創立時からのメンバーでもある。日本のグラフィティ史にその功績を刻んだ「大図実験」の一員でもあり、昨年末まで浅草地下街にあるアトリエ兼ショップ・ギャラリーであるフウライ堂を営んでいた。