HIDDEN CHAMPION

stickers_NEW_Catalogue

LAST RESORT AB

本物のスケーターが立ち上げた、小さなシューズカンパニー

少ない情報量ながら、密かに話題を生んでいるスウェーデン発のスケートシューズブランド〈ラストリゾート・エービー(Last Resort AB)〉をご存知だろうか。大手シューズメーカーの逆を行く独自のスタンスとコンセプトをベースに、日本に住んでいた過去を持つアートディレクターのサミ・トルッピ(Sami Tolppi)、〈Polar Skate Co.〉を手掛けるポンタス・アルヴ(Pontus Alv)、そして、仲間のマイクとダニエル、計4名のクルーでスタートしたインディペンデントブランド立ち上げについて話を聞いた。

Text & Edit: Ryosei Homma, publicdevice
Photos of Jean-Louis: Nils Svensson
Photos of Alv: Pedro Raimundo

GANG-1
LastResort_Title

——まずは、ブランドのコンセプトを教えてください。

Sami 答えは本当にベーシック。いろんな人たちがストリートで楽しんだり創造的になれるような、シンプルでプレーンなシューズを作りたかったんだ。

——ブランド名である〈Last Resort AB〉の由来はなんですか。

Sami “Last Resort”の一般的な意味は、全てのオプションが無くなった時の最終手段みたいな感じで、“AB”はスウェーデン語で会社を表すCOやLTDの意味なんだ。俺たちは過去に大企業と仕事をしていたけど、その企業たちがこのスケートボード業界に参入するようになってマーケットを支配していく様子を見てきた。そのおかげで、一部のスケーターはスケートボードでお金を稼ぐことができるようになったり、シューズのスポンサーを獲得できるようになったことは事実だよ。これは素晴らしいことなんだけど、ライダーやショップに対して企業が行っている一部の方法には疑問視しているんだ。そこに対して代替案となる新しいオプションが必要だと思ったんだ。俺たちで“Last Resort”ができるかもしれない、それは時間が教えてくれると思うよ。

——〈Last Resort AB〉はサミ・トルッピ(Sami Tolppi)とポンタス・アルヴ(Pontus Alv)によってスタートしたんですよね? 2人はどのようにして知り合ったんでしょうか?

Sami 俺たちは90年代前半にスケートボードを通して互いに知り合い、シューズブランドを作ろうという同じ夢をシェアしていたんだ。〈Last Resort AB〉を運営している俺たちのカンパニーでは、同じような考え方を持った4人が働いているんだけど、それぞれスキルが違うんだよ。すごく小さなクルーだけど、各々がうまく機能しているからシューズブランドをスタートすることができると考えたんだ。みんな同じくらいカンパニーの運営には重要なんだよ。

——今では世界中の誰しもが知るスケートブランド〈Polar Skate Co.〉を運営する傍ら、なぜ新たにスケートシューズブランドを始めようと思ったのですか?

Pontus シューズカンパニーを作りたいという思いを長い間持っていて、実際に実現の可能性があるか探っていたんだけど、それをスタートするには莫大な資金と高いクオリティーを要求される。ある日、友達のサミと地元のビーチにあるバーで話していたら、彼は「少量でもリーズナブルなプライスで制作してくれる工場とコネクションを持っているよ」って教えてくれたんだ。そのときにこのプロジェクトをスタートすると決めて、数週間後にはもうこのイカしたシューズのサンプルが上がってきたんだ。個人的に企業で働いた経験はあるけれど俺には合わない。俺はスケートボードコミュニティがより楽しくなり、そのコミュニティに属する人たちに対しインスピレーションを与えることができる何かを作らないと、という風に感じているんだ。それこそが世界中のスケートボーダーが誇りに思い、コンセプトを共有することができるシューズカンパニーを作る意味なのさ。

——4人のメンバーのそれぞれ担当している役割を教えてください。

Sami 俺とポンタスが主にデザインやクリエイティブを担当して、マイクとダニエルが流通やセールスのパートを担当しているよ。みんな同じバックグラウンドを持っていて参考にするものも似ているから、お互いの意見をスムーズに理解してプロダクトの開発を進めることができる。最初のシューズであるロートップでスエード素材を使った“VM001”は、俺たちの経験や好みを落とし込みながら開発したんだ。このタイトなシューズはスケートボードに最適で、もちろんスーパーマーケットやオフィスへ行く時も快適だよ。時代を超えたスタイルだね。

Stickers_WEB_1200x1200px
JeanLuis-0193
JeanLouis-0361
IMG_2738_edit
JeanLouis-0218
HereToExpandYourMind

GANG_2

——どのようなプロダクト作りを目指していますか?

Pontus 大手シューズブランドによってクラシックスケーター達が運営するブランドは一掃され、俺が育った場所や、愛してやまない業界を完全に占領していった。スケートカルチャーは常にオリジナルでコアなスケーター達がブランドを持ち、同志であるスケーターに向けて何かをやるべきだと思うんだ。現時点では個人的なことだけど、〈Last Resort AB〉のメンバーとクリエイティブでハイレベルな挑戦をして、新たなビジョンやオルタナティブなプランを創造していきたいんだ。なぜなら、俺たちのカルチャーは常に動き続けるなかで発展し、フレッシュに保ち続ける必要があると思うから。

——サポートしているライダーはいますか?

Sami 俺たちはスケーターとスケートボードをサポートしていて、あるスケーターにシューズを履いてもらってテストしているよ。だけどその大きな発表をするにはまだ早すぎるかな。

——このブランドを公式にローンチするのはいつですか?

Sami この記事をみんなが読む頃にはプロダクトがショップでリリースされていると思うよ。もし違ったら、もう少し楽しみに待っていてほしい。俺たちはすでに日本に素晴らしいディストリビューションがいて、彼らも俺たちと同じぐらいこのローンチを楽しみに待ってくれているんだ。日本人はいつでも新しいブランドやプロダクトが出てきた時に誰よりも早く取り入れているよね。だから俺たちのシューズも気に入ってもらえることを期待しているよ。

——この業界には多くのメジャーシューズブランドが台頭していますが、〈Last Resort AB〉は実際にスケーターが運営するプライベートブランドというポジションですよね。それはスケーターにとって非常にクールなことだと思います。

Sami 間違いないね。確かに俺たちのブランドは、スケーターがスケーターのためにプロダクトを作っている。別に大きな会社と競うつもりなんてないんだよ。俺たちは大企業からのバックアップや投資ファンドが無くとも、プライベートで何か独創的なシューズカンパニーを立ち上げることができるってことを提示したいんだ。このタイミングでシューズブランドをスタートしなければと話をしていたんだ。〈Polar Skate Co.〉や〈Palace Skateboards〉、〈Fucking Awesome〉などと同じフィーリングでね。これはきっと他のブランドが小さなシューズカンパニーを立ち上げるきっかけになれると思うんだ。これから何が起きるか楽しみだね。

——どのようにカンパニーを育てていきたいですか?

Pontus 〈Polar Skate Co.〉で培ったネットワークやロジスティクスを使っているけど、これには時間と忍耐力が必要なんだ。急いで事業を大きくするつもりはないよ。時間をかけて、根本的に成長させていきたい。大きな会社でもないし、これは俺たちのインディペンデントなオペレーションで成り立っているからね。

——ポンタスがポストしたワードはあなた達のブランドコンセプト的なものなのでしょうか?

Sami そうではなくて、〈Last Resort AB〉がカミングアウトするっていうただのメッセージだよ。この業界にちょっとした変化を加えるタイミングが来たってことさ。俺たちは単純に素晴らしいプロダクトを開発することに専念している。もしプロダクトが粗悪なものならスローガンやメッセージに関係なく、顧客は“スウォッシュ”や“ストライプス”へ戻るだろうね。だけどプロダクトが素晴らしいものであれば、俺たちにはチャンスがある。少なくとも他のブランドよりも高品質で、見た目もファンタスティックでなければいけないけれどね。精一杯努力して数多くのテストを重ねた俺たちのシューズは完璧なものだと信じているよ。最終的なジャッジは俺たちのシューズを履いてくれるスケーター次第だけどね。俺たちにトライできることは、常にベストを尽くすことだけなんだ。

——最後にメッセージをください。

Sami Stay Japanese and stay freaky, we love you ganbatte!

ALV_OFFICE
JeanLuis-0157
alv polejam
Lace-detail
JeanLuis-0161
Wallie with Alv sign

Nocomply jam
LastResortlogo
JeanLuis-0264

——The first question is really basic. Tell us the brand concept and the history behind the background?

Sami The answer is really basic too. We want to make plain and simple shoes for girls and boys out on the streets having fun and being creative.

——How did you become the brand name “Last Resort AB”

Sami “Last Resort” basically means “When all other options are gone,” and “AB” is just the Swedish version of Co / Ltd or KK in Japan right?. We have all been dealing with big corporations in the past and we have seen the big players come into our world and basically dominating the market. It’s great that some skaters can finally earn some money from skateboarding and have shoe sponsors etc, but some of the methods they are using against shops and riders etc can be questioned and there should be an alternative option…or a “Last Resort” for that, maybe we can do it, time will tell.

——Last Resort AB is the project of cooperation with Sami Tolppi and Pontus Alv right? Tell us the relationship between you guys.

Sami We have known each other through skateboarding in Sweden since the early 90’s and as it turned out we shared the same dream in creating a shoe brand. Right now, there’s four of us in the company and we all have a similar mindset but different skills so it works really well and shows that it’s possible to start something like this with just a very small crew.

——Let us know each person and role in detail.

Sami The four of us in the company consist of Pontus and Sami doing the design and creative things and then we have Mike and Daniel who are in charge of the sales and distribution parts, all roles are equally important for the operation of the company. We develop all our products in close cooperation, we have similar backgrounds and references so it’s easy to understand each other and move forward in product developments. Our first shoe is called “VM001” it’s a suede low-top shoe that we developed everything from scratch according to our experience and preferences. It’s nice and tight, great for skateboarding and also great for going to the supermarket or office. Timeless style.

——Any riders in your team?

Sami We support skaters and skateboarding and we have some shoes out on the field being tested and skated by some people but it’s too early to make any big announcements.

——When are you planning to announce the officially to launch Last Resort AB?

Sami Products should just have been released in stores when you are reading this, if not then hang tight. We have great distribution in Japan already and everyone seems as excited as we are to launch this thing. You Japanese guys are always frontrunners when it comes to supporting new brands and things, so we hope you will like what we do.

——With the rise of major brands and manufacturers in the skate shoe industry today, Last Resort AB handled by real skateboarders seem to be an independent a private brand in the standing position. Do you have any thoughts in the position?

Sami We don’t have any illusions about competing with the big corporations, but we want to show that nowadays it’s possible to create an independent shoe company without having the back-up from any venture capitalists or mega-corporations. So maybe it would be nice to see some other brands start their own little shoe venture, try it and see what happens. Our company is made by and for skaters. We think the time is right to try it and that a shoe brand can have the same feeling as Polar or Palace / Fucking Awesome whatever. Something independent.

——Pontus posted the word of images on Instagram ìBREAK FREE, Re-New, Re-Appropriate, Re-Juvenate, Re-Act, ReVolution, Last Resort AB.” Are these words, like your brand policies or something?

Sami Not really, it’s just a message saying that we are coming. That it’s time for a little change in the industry. We just focus on developing and creating great products. If the products are shit then it doesn’t matter what slogans or message you are communicating, then your customers are going back to the Swoosh or stripes or whatever. But if the products are great then we have a chance. It has to look and feel fantastic and have at least, but preferably better quality than the rest. We believe that our shoes are great in that sense and we put a lot of effort and testing into it, but in the end, it will be our customers that have the final word, all we can do is try our best.

——Finally, Give a message to Japanese skateboarders and shoes freaks!

Sami Stay Japanese and stay freaky, We love you ganbatte!

——Why did you start to create a shoe brand?

Pontus I have thought about creating a shoe brand for quite some time and I investigated the possibility to do it before, but I was told it would require a big fat wallet and very high minimum quantity orders to start it, one day I was chatting with my friend Sami at my local beach bar and he said he had some good connections with a factory that could produce small quantities for a reasonable price, so we decided to try it and a few weeks later we already had samples that were looking very good.

——You are well known as the owner of the skateboarding brand “POLAR”. How do you want to grow this company?

Pontus We are using the entire Polar network and logistics set-up, but this will require time and patience, we’re not in a hurry to make it big or anything, it will take time and it will develop organically, we don’t have any corporate backing or anything, this is a totally independent operation.

——Although a bunch of skate shoes is overflowing now on this planet, what kind of your own independent skate shoes do you want to create?

Pontus The big corporate shoe brands just wiped out the classic skater owned brands and completely took over the industry I grew up with and love. Our culture should always have brands coming from the core original people the skaters doing things for fellow skaters, so at the moment it’s a personal thing and I want to challenge these guys on creative levels and create new visions and alternatives looks and views cause our culture always needs to stay in motion develop and keep our culture alive and vivid.

I had my personal experience with the corp world and I don’t like it. I know I create something different for the skateboard community to enjoy and be inspired from. Something we all can be proud of and feel apart of

a shoe company for the people created by the same people

like you like me.

BOX_Front