HIDDEN CHAMPION

01_Group-Photo

“ONE WEEK WITH 1up” Supported by Carhartt WIP

伝説の写真家マーサ・クーパーが、ベルリンのグラフィティクルー “1UP” にフォーカスしたエキシビションを開催

byHidenori Matsuoka

70年代からアメリカのグラフィティー シーンを写真に収めて来たマーサ・クーパーが、ベルリンを中心にヨーロッパや世界各地で活動するグラフィティークルーである1UPと共に1週間を過ごした記録を収めた写真集“ONE WEEK WITH 1up”のリリースを記念して、作品や写真の展示及びMovieのプレミアを行います。

現代アートやストリートアートのフィールドからはもちろん、ファッションや音楽などのカルチャーをはじめとする世界中の様々な分野から注目を浴びているグラフィティーカルチャー。そのグラフィティーの世界の歴史と、現在地の一つを確認出来るまたとない機会です。

また、作品の販売と合わせて、この展示の為に製作されたCarhartt WIPの限定Tシャツもリリースされます。

<Profile>
Martha Cooper
1940年、アメリカのメリーランド州生まれ。カメラ店を経営していた父の影響で写真の道に進み、ドキュメンタリーフォトをメインとするフォトグラファーとして70年代から活躍。NYで活動していた当時に、ストリートにカメラを向け始め、その流れで誕生したばかりのグラフィティーやHip Hopカルチャーの写真を撮り始める。彼女の写真集『SUBWAY ART』や『HIP HOP FILES』はシーンの黎明期を記録した作品として、現在でも絶大な支持を得る。70歳を超えた現在でも、現役のフォトグラファーとして、世界中のグラフィティーやミューラルカルチャーを撮影し続けている。

1UP
ドイツのベルリンを拠点とするグラフィティーのクルー。通常、自分たちのライターネームを描くことが基本となるグラフィティーにおいて、個々のライターの名前を打ち出さず、クルー名の1UPを集団で描くスタイルで知られている。eYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN のアイテムにも毎シーズングラフィックを提供している。

<Title>
MARTHA COOPER & NINJA K
“ONE WEEK WITH 1up”
Exhibition & Movie Premiere in TOKYO
Supported by Carhartt WIP

<Date>
Opening Reception
Friday Sep 7th 19:00

The Exhibition
Sep 8th & 9th 12:00~19:00

<Place>
WAG Gallery
JUNK YARD 3F 4-26-28 Jingumae Shibuya

TourFlyer_0.1_TOKYO

07_Train-Photo

06_Gallery-Photo

05_Rooftop-Photo-のコピー

04_Gallery-Photo

03_Cover-Photo

1up_Logo_02

01_Group-Photo